仲介会社の報酬

仲介手数料の内訳

不動産の仲介手数料は、実はお客様(借り手)だけでなく、元付会社または大家さん(貸主)側にも発生するのです。
その内容は、
・借り手側:希望にマッチした物件紹介から契約に関する事すべてに対するお礼金
・貸主側:借りたい人を探し、借り手とのやりとりの一切を行うことに対するお礼金
契約までの一連のサービスに対する報酬、と考えるとわかりやすいですね。仲介手数料は原則、トータルで家賃の1か月分を上限にもらっていいと法律で決まっています。

ポイントとなるのは「トータル」という考え方です。
両者からもらう手数料の合計が最大1か月分となればいいので、通常は半月分ずつに設定されていることが多いようです。
大家さんが急いで入居者を決めたい場合や、不動産店がとにかくお客様を多く集めたい場合など、理由は様々ですが両者の手数料のバランスをとる事で不動産店(仲介会社)は成り立っているのです。

キーワードは「広告料」

もう少し詳しく見ていきましょう。

基本的に、大家さんは所有物件に空室が出ると、元付会社に頼んで入居者を見つけてもらう契約を結びます。元付会社は媒体へ物件を登録し、お客様を探します。ここで無事入居者が決定すれば、大家さんは「広告料」という名目の謝礼金を元付会社に支払います。元付会社が直接お客様を見つけることができれば問題はありませんが、別の仲介会社が紹介したお客様が契約した場合、元付会社は広告費の一部を仲介会社に支払うことになります。

仲介会社側の視点で見ると、大家さんと直接やり取りすることで本来元付業者に支払われるはずの「広告料」をそのままいただくことができるので、こういったケースであれば仲介手数料を無料にすることが可能となるのです。
ただし、すべての物件でこのような契約ができるわけではないので、必ずしも無料にできるとは限りません。


このPostをシェアする