引っ越しシーズンに向けて賢い不動産店選びを

元付会社と仲介会社

まずは関連会社について解説していきます。
物件を紹介してくれる不動産店は大きく「元付会社」と「仲介会社」の2種類に分けられます。
元付会社とは、物件の所有者(大家さん)から専任でお客様を探すよう依頼されている会社です。基本的には自社所有または専任で扱っている物件に対して自ら入居希望者を募り、紹介します。
一方仲介会社は、自社で物件を所有せずに、市場に出回っている物件を広くお客様に紹介する会社です。

物件探し段階でのメリットとしては、
・元付会社:仕入れた物件を自社のお客様に先に紹介したいので、一般公開する前に情報を提供してくれる可能性がある(いわゆる未公開物件と呼ばれるもの)。
・仲介会社:膨大なデータベースから条件に合った物件を提案してくれ、賃料などの交渉も請け負ってくれる。
といったところがあります。

物件探しの状況などによって、どの不動産店に頼むのかは慎重に決めたいものです。

物件情報は共有されている

不動産業界に属する会社は、専用のデータベースで物件情報を共有しています。
売り物件が発生したら、不動産店は売買契約を交わした日の翌日から一定期間内にすべてこのデータベースに載せるよう義務付けられています。しかし賃貸の場合は義務ではなく任意の登録となっていますので、先述した元付会社の商売上の戦略によっては登録されないこともあるようです。

不動産店はこのデータベースに掲載されているものは基本的にお客様に紹介することができます。
しかし賃貸の場合、登録を義務付けられているわけではないので実はこのサイトに登録されていない物件も数多くあるのです。そこで「仲介会社に頼んでも全部の情報は出てこないの?」という疑問が生まれるわけですが、仲介会社は複数サイトを駆使して情報を出してくれるのでその心配はいりません。


このPostをシェアする